うつ病の薬

 

うつ病,薬,副作用

 

うつ病の治療で処方される抗うつ薬は、すぐにその効果を発揮してくれるものではありません。
飲み続けることが重要で、徐々に症状が改善されていきます。

 

抗うつ薬は、飲み始めてすぐに副作用が現れることが多いです。そのために、最初は辛いだけで効果がないと感じてしまうかもしれません。副作用の症状は、主に吐き気です。いつまでも続くものではなく、やがて薬に体が慣れると治まるので、飲み始めの時期は身体を慣らす期間だと考えるといいでしょう。

 

しかし、うつ病の患者はどうしても物の捉え方に否定的になりがちなので、薬を飲んでも効果がないどころか副作用があることで、焦りや心配に陥りがちです。

 

もっとうつ病の症状が悪化するのでは、と悪い方に考えてしまうこともあります。そんなときは、家族が薬について医師に相談してみようと患者に提案し、焦る必要はないのだと言うことを教えてあげるといいでしょう。

 

ちなみに、現在うつ病の治療で用いられる薬はSSRI、SNRI、NaSSAです。これらの薬の副作用は、古くからうつ病の治療に使用されている三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬よりも少ないですが、吐き気やむかつきといった症状が現れることがあります。

 

服用することで胃が荒れるのではなく、脳内の吐き気をコントロールしている器官が刺激されることが原因です。
また、飲み始めや増量の関係で、怒りっぽくなる、落ち着きがなくなる、パニック状態になるといったこともありますが、これは一過性です。しかし、症状が現れたら医師に相談するといいでしょう。

 

さらに、副作用で躁状態になることもあります。少しでもおかしいと思ったら、医師に相談しましょう。


 

1日30分でうつ病を根本から解決する方法

↓↓↓

うつ病,薬,副作用

金本博明【うつ病克服プログラム】