躁うつ病の症状や家族の接し方

躁うつ病,症状,対応法

躁うつ病は、双極性障害とも言います。
躁うつ病は、その症状のせいで社会生活に支障が生じるため、家族のサポートが必要不可欠です。

 

躁うつ病は、うつ状態と躁状態を繰り返すという症状を患うものです。うつ状態と激しい躁状態が起こるのを双極性T型障害、軽躁状態が起こる場合を双極U型障害と言います。軽躁状態は、はたから見ても気分が高揚しているけれど入院するレベルではなく、本人も他人もそれほど困らない症状のことです。

 

双極性T型障害の場合、患者は眠ることも少なく動き回ったりしゃべり続けたりします。仕事にも意欲的に取り組みますが、何かに集中することは難しいです。無謀なことをしたり、驚くほど高額な買い物をしたり、誇大妄想を抱いたりもします。

 

双極性U型障害の場合、患者は人間関係において積極的で元気に動き回りますが、少し行き過ぎた印象を受けるほどハイになり、本人には自覚症状がないため、周囲が迷惑を感じても気づくことができません。

 

躁うつ病は、上記の症状だけでなくうつの状態にも陥るので、注意が必要です。うつの症状が酷くなると「この世から消えてなくなりたい」といった思いを抱く場合もあります。

 

もし家族が患者から自殺をほのめかされた場合、すぐに否定してはいけません。また、患者を責めたりせず、ただ話を聞いてあげることが重要です。

 

逆に躁状態の場合、行き過ぎた行為は注意をする必要があります。ただし、「今のお前はおかしい」と言ったようにバカにしたり真っ向から否定するのはいけません。
躁うつ病は、患者を孤立させずに一緒に寄り添うことが重要なので、家族は常に患者を気にかけてあげていることを伝えてあげましょう。


1日30分でうつ病を根本から解決する方法

↓↓↓

躁うつ病,症状,対応法

金本博明【うつ病克服プログラム】